産学連携・交流活動

 本県や日本の将来を託す若年層(及び一般)に職業観の醸成に寄与すべく、本県企業経営者トップにより、学校現場(及び公共施設)への講師派遣をボランティアで行います。
それぞれの講師が人生の先輩として、授業を通じ、仕事の面白さや働くことの意義、学ぶことの大切さをお伝えし、経営者との交流活動を推進しています。
 これまで、主に若年層を対象に行って来たこの活動は、平成29年より「ふるさと山梨を知る」授業・学問として大学及び一般の方にも活動の場を広げました。

 

次世代育英部会

ご要望により山梨県内の小・中学校、高等学校へ講師を派遣します
   派遣実績・内容はこちら(実績pdf)をご覧ください
  事務局(℡055-221-0303)へお申込みください

産学連携部会

連携協定に基づき、講師を派遣しています

(1)山梨県立大学との連携協定は、平成28年10月6日締結されました

山梨創生学(単位科目)

地域の競争力を高めていくために、地域を深く理解し、地域の課題を発見し、問題解決能力を身に着ける

  ◎平成30年度の派遣実績・内容はこちらをご覧ください
  ●平成29年度の派遣実績・内容はこちらをご覧ください

山 梨 学(学生・一般社会人向け講座)

山梨県に置かれた状況・課題や背景を理解し、世界や国内情勢の流れの中で問題解決能力を高める(オープン講座)

  ◎平成30年度の派遣実績・内容はこちらをご覧ください
  ●平成29年度の派遣実績・内容はこちらをご覧ください

 

(2)山梨学院大学への講師派遣は、平成30年11月より開始しました。

●「産業と職業の研究」講座(単位科目)

a.大学生の就職を取り巻く社会情勢を学ぶとともに、対象となる産業(企業)及び職業(仕事)を研究し、進路選択の一助とする。

b.企業(経営者)は何を考え、どう変化しようとしているのか、社会はどのような人材を求めているのか等について学び、その中から、「人生観・職業観」の醸成につながる知見を未来視点で学ぶ。